2005年05月08日

にわかぐるめ 「蔵人厨ねのひ(丸の内 OAZO)」

結局、昼食は昨日に引き続き、丸の内の OAZOにした。レストラン
ランチにしては高価で贅沢なことは分っているのだけど、食事は美味しいし、雰囲気も良い。
それに土日の昼時でも空いている。
まぁ、平日も含めて毎日…という訳では無いし、独り者ならではの贅沢だ。

同じお店に行くのも芸が無いので、また別のお店を開拓することにした。
5Fと6Fをウロウロして、結局、6Fの「蔵人厨ねのひ」という店にした。
例によってお洒落な和風居酒屋だが、昼はランチメニューもやっている。

IMG_0936.JPG

メニューからは、日替わりランチにあたる「おばんざい膳」を選んだ。
惣菜3種、卵焼き、本日の焼き魚、寄せ豆腐、じゃこ、根菜味噌汁、ご飯、お新香で¥1,360なり。
本日の焼き魚は秋田名物の「はたはた」だ。
おいらは見るのも食べるのも、多分初めてだと思う。


続きを読む
posted by 太鼓屋 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にわかグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

にわかグルメ 「和食 えん(丸の内 OAZO)」

ホテルを出て買い物をすると、もう昼だった。
どこに昼食レストランを食べに行こうかと考えたが、他に良いアイデアを思いつかないし、前回の印象が割合良かったので、丸の内の OAZOに行くことにした。
(以前に、ふじ さんから土日祝日は駐車場が 1時間無料であるという情報も得ていたしねわーい(嬉しい顔)

今回は5Fにある「和食 えん」に決めた。

IMG_0921.JPG

お店の作りはシックな和風で、雰囲気はとても良い。
ただ、カウンタに座ると、割合近くに店員の男衆が何人も立っているのがちょっと気になった。

幾つかあるランチメニューから「本日のお薦めお魚料理」というセットを選択。
(本日のお薦めお魚料理、おばんざい 3品、ご飯、お新香、赤だし味噌汁)
魚料理は「つぼ鯛の味噌焼き」だった。

IMG_0917.JPG

前回の「おかずや 平句凡帳」に比べると、同じ焼き魚でもかなりボリュームがあり、こちらの方がしっかり食べられる感じ。おいらはしなかったが、ご飯もお代わり自由らしい。
おばんざい(お惣菜)も僅かずつだが 3種類つくので、バラエティ感も有る。
右上の透き通った緑色のものは、多分こんにゃくの様なものに酢味噌を添えたのだとおもうが、何となくデザートの様に見えたので最後に食べたのだが、しっかり酸っぱい味のおかずだったのでバランス良くつまむべきだった。ふらふら

ちなみに御値段は¥1,260だが、これでも一番安いメニューである。たらーっ(汗)
美味しいし、満足度はそこそこ高かったけど。

「和食 えん」


続きを読む
posted by 太鼓屋 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にわかグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

にわかグルメ 「よし善(金谷)」「元祖 清水屋(島田)」

ここ数日ヒッキーだったので、今日はドライブ車(セダン)に出掛けることにした。
以前から、行ってみたいと思っていたお店で昼御飯レストランを食べる企画だ。

朝 10時頃に出発。
国道1号線で清水の手前まで行き、そこから更に海沿いの道を清水市→焼津市と回って島田市を抜けて金谷町へ。
そこから新金谷駅を目印に走る。
ネットで事前に地図を見たのだが、打ち出して持参するのを忘れた上に、お店の名前が分らない。爆弾
記憶を頼りにお店の看板を探していると、うまい具合に電信柱に看板と道案内が有った。
お店の名前でなく、「菜めし」「田楽」の文字でピンと来たのだった。

このお店を知ったのは、地元のケーブルテレビか何かの番組だった。
金谷町にある郷土料理の店で、「みそ田楽」「菜めし」が名物と紹介していたが、それがこの辺りの郷土料理だとは知らなかった。
お店に着いたのは、既に 13:00頃だったと思う。

IMG_0898.JPG

門をくぐり格子戸を入ると、アンティークな趣の作りの店内で、大きな猫が出迎えてくれる。
店主が猫好きなのか、あちこちに猫の置物や絵が飾られている。

IMG_0894.JPG
IMG_0895.JPG

続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | にわかグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

にわかグルメ 「旬彩館(新橋)」 

今日ご紹介するのは、新橋にある愛媛県・香川県のアンテナショップ「旬彩館」。
四国まで行かなくても、愛媛県、香川県の特産品が買えるお店。
元々、都内に増えた讃岐うどんのお店をネット検索していて見つけたのだが、色々美味しいものが有ったので気に入って、東京に行った際にはちょくちょく足を運んでいる。

1Fは特産品コーナーで、うどんの麺から始まって、海産関係からオリーブ、オレンジ、ゆず加工品等まで、様々な特産品が売られている。

おいらのお薦めのお土産は、@うどん(麺) Aしょうゆ豆 Bゆずジャム。

うどんは、ただ茹でた麺だけをどんぶりにあげ、刻みネギとおろしショウガ、それに生卵を割って、これまた旬菜館で買った「だし醤油」を好みの味になるまで少しずつ足して、かき混ぜるだけ。これめちゃめちゃ美味い。ひらめき(釜玉うどん)

しょうゆ豆は、沢山の種類のパッケージが並んでいるが、思い切り小ぶりの袋にからし色の紙の帯が掛かった山清(やませい)の「瀬戸懐石しょうゆ豆」手(チョキ)がお薦め。
他のも幾つか食べたんだけど、これがおいらにはピッタリ。

ゆずジャムは、ほんのり甘いさっぱりタイプ。
オレンジマーマレードみたいにこってり甘くないので、良い感じ。

2Fは「かおりひめ」というレストランになっており、うどんは勿論のこと各種定食等もあり、昼の定食やうどんは結構リーズナブルだった様に思う。

但し、夜は居酒屋になってしまう。
飲めないおいらは、夕飯を食べようと 18:00過ぎに訪れて大恥をかいた事がある。
何せ、夜は飲み系の予約客で一杯で、しかも食事メニューは「ざるうどん」と「釜揚げうどん」しかないのだ。
酔っ払いの隙間に座らされて、ざるうどんを一人で食べるのは、非常に肩身が狭い。爆弾

詳しい場所等はこちらを参照してください
「山清のしょうゆ豆」の写真も載ってます目
posted by 太鼓屋 at 01:56| Comment(3) | TrackBack(0) | にわかグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

OAZO & OAZOリベンジビル

IMG_0881.JPG

少し前に東京は丸の内に出来たOAZOに行ってきた。
東京駅と地下で繋がっているショッピングモール(って言うのかなぁ?)。
書籍や文具で有名な丸善が数フロア、その他のショップやレストランも入っている。
また高層階は丸の内パークホテルだ。

IMG_0882.JPG

丸善でブラブラして、お昼ご飯を食べて帰ろうと思った訳だけど、日曜だというのに、その日はホテル以外は全館休館だった。爆弾
その時は「何で休日休みなんだよ…休むんなら平日にしろ〜ちっ(怒った顔)」と思ったが、振り返って考えると丸の内という場所は平日に人が集まるのかもしれない。
仕方ないので、その日は東京駅の高架下に有るBECK'Sで寂しくサンドイッチを食べた。もうやだ〜(悲しい顔)


今回、そのOAZOにリベンジしてきた。
地下駐車場に車をおき、レストランフロアの一つである6Fの「おかずや 平句凡帳」というお店でランチメニューの「おまんま定食」を食べた。
IMG_0884.JPG
3種類の焼き魚から選んだのは甘鯛の一夜干し、炊き込みご飯を選択。
写真は余り美味しそうに見えないが、実際は美味しかった。
味噌汁は、春キャベツと筍が入って、大きめの椀にたっぷり。
但し、約¥1300という価格は場所柄なのだろうか?
パフォーマンスには大いに疑問ありだ。レストラン

その後、丸善をウロウロ。
書籍フロアよりも文具のフロアがお洒落で面白かった。
posted by 太鼓屋 at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | にわかグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。