2005年09月11日

最近観たビデオ・DVD 「ナショナル・トレジャー」

National Treasure.jpg

ニコラス・ケイジ主演、ダイアン・クルーガー共演のアドベンチャー映画。
遠い昔に失われた財宝を求める冒険の物語で、いわゆる宝探し。

歴史学者であるベン・ゲイツは、一族に伝わる伝説の秘宝を求めて、長年に渡って手掛かりを探し続けていた。
そして、遂に重大な手掛かりである帆船シャーロット号を見つける。
そこには秘宝のありかへの道しるべが残されており、不可思議な暗号メッセージを伝えていた。
メッセージは、手掛かりパスワードがアメリカの歴史を語る上で重大な意味を持つ一枚の文書「アメリカ合衆国独立宣言書」にある事を指し示す。
秘宝を追う為には独立宣言書を手にしなければならないが、「盗むことなど絶対不可能」と言われる厳重なセキュリティに護られ、それは国立公文書館に保管されていた………。ビル
 
 
 
テレビや映画館で見掛けた予告編では、壮大なスケールで描かれたスケールの大きなアドベンチャーと宣伝されていた様に記憶していた。
元々、荒唐無稽で何でもあり…なストーリーは大好きなので非常に期待が大き過ぎたせいか、若干期待外れの感じ。ちっ(怒った顔)

ニコラス・ケイジは良い俳優だし、見応えのあるシーンも幾つか有るのだが、世界規模の財宝を巡るアドベンチャーが、最初の極地に眠る難破船のシーン以降は終始アメリカの都市での話になってしまうので、スケール感に乏しい気がする。
100ドル札に有る秘密結社フリーメイソンのものと言われる有名な図案や、合衆国独立宣言書が手掛かりになるというアイデアはなかなか素晴らしいのだが、至極単純な方法で謎解きされてしまい、簡単すぎる印象が残る。
最近のジェリー・ブラッカイマー製作作品は、お金が掛かっているのは分るが、映画の面白さを見失ってしまっている様に感じる。

折角の良いアイデアなんだから、もっと面白い作品になったんじゃないかなぁ?と思うのはおいらだけだろうか。

「ナショナル・トレジャー」の公式サイト(国内)
「ナショナル・トレジャー」の公式サイト(海外)


公式サイト(国内)は凝った作りになっているが、操作が分りにくい上にレスポンスが鈍いので、閲覧するのに非常に時間が掛かるばかりで正直な所イライラする。
しかも、海外サイトの様な壁紙やスクリーンセーバーなどは一切公開されていない。
「何故こんなにも違うのかな?」とガッカリ。ちっ(怒った顔)

posted by 太鼓屋 at 19:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらず気取った俳優がキライなので、ニコラス・ケイジや何とか(笑:思い出せん!)・クルーニーは出ているだけで見る気がしません!
って言いながら見てしまいましたこれ。

感想はあんまりおもしろくなかったですね。俳優の好き嫌いというよりも内容的に驚きが感じられませんでした。SF(こーゆーのも含む)を好きな人にとってその魅力は「この後どーなるんだろうか?」とか「すっげぇこんなの初めてみた」っていう感動を味わう事だと思います。そういった意味でワクワクゲージ20%のコレはつまんなかったです。

あと、これはさらに個人的な意見なんだけど、DVDに未公開シーンをたくさん入れるのは好きじゃないです。
「せっかく撮ったんだからこれも入れとこう、見たい人もいるだろうし」っていう素人臭さに妙に腹が立ちます!「お前も職人なら気に入らなくてカットしたシーンは潔く捨ててしまえ」って思います(辛さ度4)
Posted by くりぱっちん at 2005年09月11日 20:55
>くりぱっちん さん
ニコラス・ケイジは気取ってますか?(笑)
髪の毛も何となく寂しいし、いわゆるイケメンとも違うし、良い俳優だと思いますよ。
詐欺師を演じた「マッチスティックメン」なんか、なかなか面白かったです。

面白みに欠けるというご意見には全面的に賛同いたします。

ふむふむ「未公開シーン」お嫌いですか?
まぁ、つまらない物も無い訳ではないですが、監督は良かれと思って撮って気に入っているものが、制作側やスタッフのレビューで差し替えられてしまったなんてのは、結構興味深く観てます。

確かに、特典映像の容量がめちゃくちゃ大きいなんていう、本末転倒な作品も有ったりしますけどね。(^^;)
Posted by 太鼓屋 at 2005年09月11日 22:09
気取った、、、というのは確かに違いますね!ニヤケた俳優? うーんなんでかわかんないですけど嫌いなんです(笑)

でもでもよぉ〜く考えたら分かりました!きらいな映画のパターン。俳優が悪いんじゃなかったです。
すごく単純なことでした。恋愛映画じゃないのに男女のイチャイチャシーンが盛り込まれてる映画が嫌いみたいです(あるのが普通だけど)
好きな映画はちょっと古いですがジョーズやエイリアンや影武者や下妻物語なんかで、見事にイチャイチャシーンがありません(今気がついたんだけど)
あ〜あ悲しい男だぜぇおれって〜 そんな所で映画の善し悪しを決めてたなんて、、、面目ない!!!
(ちなみにスターウォーズシリーズもそういうシーンが入っている事だけに不満がありました。ビデオ等で見る時は早送りします。←変人でごめんね!)

ついでなのでさらに変人ぶりを暴露してしまうと、DVDとかに入っている未公開映像や特典映像はほとんど見た事がありません。最初の頃は見ていたんですが、なんか本編を見終わった後の余韻みたいなものをかき消されちゃう気がしたので、見ない事にしました。
Posted by くりぱっちん at 2005年09月12日 23:07
>くりぱっちん さん
ん〜 、ラブシーンはしょうがないんじゃないでしょうか?(笑) 人間も動物ですから…。(意味不明)

くりぱっちんさんお勧めの「スウィングガールズ」「下妻物語」を先日レンタルして観ました。
どちらも面白かったです。
どちらかって言うと「下妻物語」の方が良かったかなぁ。
「スウィングガールズ」は現実味のある話とコメディ部分(例えば、食中毒、松茸狩り…の話)が混ぜこぜで、もう一つ吹っ切れていない、どっちつかずな気がしました。(^^;)

特典映像は、確かに最近は本編からカットされた映像が多かったりしますね。
メイキングの映像は、監督・スタッフの思い入れや裏方さんの職人芸が観られたりして結構面白いですよ。
ただ、数種類の予告編を収録しているだけ…なんていうのも有ったりしますけど。(ーー;)
Posted by 太鼓屋 at 2005年09月13日 01:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6807055
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

★「ナショナル・トレジャー」
Excerpt: 公開初日のナイトショー(0:20〜)で観てきました。 さすがチネチッタ、この時間でも40〜50人くらい入ってたよ。 しかし、うっかりした事に、ポイント・スタンプを押してもらうの忘れてきちゃった。 残念..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-09-12 00:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。