2005年06月24日

最近観た映画 「ザ・インタープリター」

ニコール・キッドマン、ショーン・ペン主演のサスペンス。

TIP_1.jpg

国連本部の通訳として働くシルヴィア(キッドマン)は或る夜、仕事場である会議場の通訳ブースに荷物を取りに寄った。
ブースから見下ろした会議場での物音を不信に思い、マイクのスイッチを入れ、ヘッドホンを耳へと…。
彼女が耳にしたのは祖国アフリカ・マトボの言語で、マトボ大統領暗殺に関わる何者かのやり取りだった。
その時、照明が点灯し、ブースに立つ彼女は会議場にいる何者かに丸見えになってしまった。

 
 
ストーリー展開はスピーディな上に単純ではない。
ニコール・キッドマン演じる主人公は、単に話を聞いてしまった通訳ではなく、過去の人生や家族・友人も絡んで、その暗殺事件そのものにも深く関わって行く。

ショーン・ペンは相変わらず素晴らしい演技だ。
どこかのブログでも読んだが、彼の訴えかける目の演技は凄いと思う。


ニコール・キッドマンは今まで正直余り好きなタイプの女優ではなかったのだが、この作品ではどぎつい派手な美人ではなく、極めて普通の女性の風貌で好感を持った。

TIP_1.jpg

ハッピーエンド好きなおいらだが、主役の二人が恋に落ちてそのまま一緒に…とは行かないのが現実味のある大人のドラマであり、仕方ないところなんだろうなぁ。(^^;)

「ザ・インタープリター」の公式サイト(日本)

どうでも良い事だが、「ザ・インタープリター」とカタカナで書くと何だか間抜けな気がする。爆弾


そうそう、映画の公式サイトは海外と日本で別々に持っているケースが多い。
しかも、その内容やデザインは異なることも少なくなく、公開されている写真や壁紙・スクリーンセーバー等も全く違うことも有るので、両方見比べてみると面白い。


「ザ・インタープリター」の公式サイト(海外1)

「ザ・インタープリター」の公式サイト(海外2)
posted by 太鼓屋 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4601501
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『ザ・インタープリター』
Excerpt: 国連で通訳として働くシルヴィア(ニコール・キッドマン)。 かつて彼女は祖国であるアフリカのマトボで、地雷で家族を亡くすという辛い過去を背負っていた。ある日彼女は忘れ物を取りに通訳室へ戻る。その時、..
Weblog: なんでもreview
Tracked: 2005-06-28 21:09

ザ・インタープリター 今年の191本目
Excerpt: ザ・インタープリター インタープリターと言えば、インタープリター言語という発想なのですが、おかしいですか?? あはは、、 てことで、コンピューター、ハッカーの映画かな?とか思っていたのですが、、、..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-09-26 02:33

映画鑑賞感想文『ザ・インタープリター』
Excerpt: さるおです。 『THE INTERPRETER/ザ・インタープリター』を観たよ。 監督は、監督も製作も俳優もなんでもできちゃう俳優出身のシドニー・ポラック(Sydney Pollack)。『TOOTS..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2006-01-07 03:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。