2005年05月22日

最近観たビデオ・DVD 「二重誘拐」

ロバート・レッドフォード、ウィレム・デフォー共演のサスペンス。

レッドフォード演じる会社社長が朝自宅を車で出たまま戻らない。ある男(デフォー)に誘拐されたのだ。家族の心配の中、FBIの捜査が進むが一向に見えてこない犯人像。

一方、誘拐された社長は、誘拐の実行犯である男に銃を突きつけられながら山の中をある場所に向かって歩いていた。
男は「誘拐を計画した男達に雇われただけで、目的地である山小屋まであんたを連れて行くだけで大金が入り、それでお役御免だ」と言う。
男は以前に一度社長と面識があり、それ以来ずっと社長の人生を見てきたとも言う。

二人の会話や、家族とFBIのやり取りから、社長の浮気や家庭に生じていた亀裂が明らかになって行く。

犯人グループより家族に連絡が入り、いよいよ身代金の受け渡しが始まった。



若い頃のカッコ良い二枚目俳優イメージから、最近はだいぶ渋くなったレッドフォード。
癖のある顔の性格俳優(?)のデフォーが絡むサスペンスなので結構期待して観たのだが、ちょっと肩透かしな感じ。
先日、テレビで洋画劇場でも放映されたブラッド・ピット共演の「スパイ・ゲーム」でスリルを味わっているだけに、もう少しそういうハラハラ感を期待したのだが、そういう作品では無い様だ。

結末は、もう少し何とかならなかったのかな?と思わないことも無いが、恐らく制作者の描きたかったのはサスペンスではなく、夫婦間の愛情なのだろう。

「二重誘拐」の公式サイト
posted by 太鼓屋 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3828482
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。