2005年05月08日

何故? 迷惑では?

丸善での買い物を済ませ、地下のコーヒーショップでカフェラテをテイクアウトして、車に戻った。後は、一路帰宅。
霞ヶ関から首都高速に乗り、そのまま東名へ。

最近、よく迷惑に感じることがある。


◆先行車のウィンド・ウォッシャー
窓が汚いから、ウィンド・ウォッシャーで洗い流そう………その気持ちは分かるし、おいらも時々使う。

だがしかし、雨の日ならばまだしも晴れた日に、すぐ後ろに後続車がいる状態で、ウィンド・ウォッシャーを平気で使う人の神経を疑う。
貴方の車の窓を洗った水滴は、そのまま後ろの車のフロント・ウィンドウ一面に汚れのシミを作るのだ。
一度でもそういう経験をした事のある人ならば、後続車がいない状態か、或いは後続車との距離を置いて使うぐらいの心遣いはすると思うのだけど。


◆駐車場の利用エリア
高速の SAや PAでは、施設のすぐそばに車椅子利用者の為のエリアが儲けられていることが多い。
しかし、大抵の場合、そのエリアには車椅子とは全く縁のない普通の人が車を止めていることが多い。大抵、おばさんや親子連れの家族である。
自分が楽をする以前に、そこを利用したい人が迷惑をすることを全く考えていないのだろうか?
おいらだって、駐車場の果てに車を止めて、トイレまで延々歩くというのは決して楽しいことでは無いと思うが、大抵の場合、彼らがそこに車を停めるのと駐車場の混み具合は余り関係ない。
つまり、空いているとか混んでいるとかと余り関係なく、そこを利用しているのだ。

ホテルの駐車場にも車椅子利用者用のエリアがあるが、これまた高級外車が陣取っていることが多い。
フェラーリやらベンツ…お金にも時間にも余裕があるのだろうから、そんなところで恥ずかしい真似はしてもらいたくないものだ…と貧乏人は僻んでしまう。ちっ(怒った顔)


◆そもそも駐車スペースではない
近所の TSUTAYAの回りもマナー最悪。
駐車場ではない、道路上や分離帯の様な部分に平気で駐車している輩が多い。
マフラーのうるさいヤンキー兄ちゃんの車ばかり?と思いきや、ごく普通のおじさん、おばさんから若い女の子まで。
ほんの僅かでも、お店寄りに停めて、歩く距離を減らしたいのだろう。
こうした両親の隣に座っている子供は、成長しても迷わず同じことをするだろうな。ちっ(怒った顔)
posted by 太鼓屋 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ですね、ですね
ウォッシャーの件も駐車場の件も「そのとおり!」ってカンジです。ウォッシャーは朝の通勤時に多かったですね。

むかし(12・3年前かな?)近所にTSUTAYAができて、映画好きのわたしはよく利用していました。そこで太鼓屋さんが書かれてる様なことをスゴク感じてました。ある日、そのようなことでブチ切れてしまったわたしは「もう二度とTSUTAYAなんて行かない!」と決めました。「キレる」っていうのを体験したのはその時が最後だったと思います。

最近、平日の昼間に動けるようになったので気をとりなおしてもう一度会員になりました。さすがに平日の日中はスキスキでノーストレス・ノートラブルです(笑)
でも「前向駐車」の指示のせいでクルマの下はよくコスリますが(泣)
Posted by くりぱっちん at 2005年05月15日 23:32
くりぱっちんさんが、「キレ」るというのが余りイメージ出来ないですね。
職人気質のこだわりみたいなものはそこはかとなく感じますけど、基本的には人の好い○○さんではないかと。(^^;)
Posted by 太鼓屋 at 2005年05月21日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。