2007年02月03日

東京への日帰りドライブ

ちょっとした用事で、日帰りで東京に出掛けた。車(セダン)

目的は、その用事と買い物(CD & 文庫本)&食事だ…って、ブログに書くほどのことじゃない?(まぁ、ネタも無いので ^^;)


鳥つね 親子丼.jpg
 
用事を済ませて、昼食と買い物を兼ねて秋葉原へ。
ヨドバシカメラ秋葉原に車を置き、まずは昼食に。

最近の秋葉原は近代的な景観のエリアも増え、ヨドバシ近辺は一昔前の秋葉原とは大違いだ。
ヨドバシの中にもレストラン街はあるのだけど、今回は時間も早めだったので、山手線を挟んでハス向かいにある秋葉原UDXビルに出掛けた。
このビルはイベントスペースを備えたビルで、2〜3階には「ICHI」というレストラン街がある。


通路やお店の中が若干暗めになっており、子供連れの家族でというよりも、多少大人向けの落ち着いた感じといえるかもしれない。
以前にも和食のお店でランチを食べたことがあったが、なかなか美味しかった。

今回のお目当ては、何を隠そう「親子丼」。
湯島に本店を持つ鳥料理の専門店「鳥つね」。
秋葉原のはずれ、御徒町寄りの一角(末広町)にも「鳥つね自然洞」というお店が有り、そちらにも行ったことがあるが、開店前から人が並ぶ名店である。

今回オーダーしたのは「もつ入り上親子丼」¥1、500なり。
材料がなくなり次第終了の限定メニューらしい。
一般的な「親子丼」のイメージは「鳥肉の卵とじ丼」な訳だが、こちらの場合、見た目も多少違う。
厳選された素材が自慢らしく、卵も黄色…というよりもオレンジ色をしており、しかも殆どかき混ぜずに使用される上に、半熟というよりもかなり生に近い感じ。
卵かけご飯に具が乗っている…という方がイメージしやすいかもしれない。
勿論、程よく火を通して有るから、見た感じとは違って「生」ではなく、とても美味しい。
「もつ入り」の場合、具材は通常の鶏肉の半分位の量が鳥のもつ(レバー)に変えられているが、これが思いの外美味しかった。プリっと歯応えがあるが、サクっと噛み切れる、もつ独特の食感が何とも良い感じで二重丸。
「上親子丼」も同じ価格なのだけど、「もつ入り上親子丼」の方が満足感がある気がする。

秋葉原UDXビルの公式サイト

今回写真は撮りませんでしたが(上の方に貼付している写真は、UDXサイトのショップ紹介の写真)、こちらのブログにお店と親子丼が写真入りで詳しく紹介されているので、雰囲気が分ると思います。
秋葉食堂


ヨドバシに戻って、タワーレコードで CDを物色。
AOR関連の紙ジャケ・リイシュー盤をまとめ買い。

その後はヨドバシ店内をブラブラ。
楽器売り場では、電子ドラムを試奏させてもらった。
元々下手くそなのに、ここ数年はスティックを手にしたことも練習したこともないので、緊張して汗だくになったけど、まぁ面白かった。

そして駐車場へ。
ヨドバシの駐車チケットの仕組みは何とかならないものだろうか。
幾ら買い込んで何枚チケットを貰っても、最初の2時間分しかタダにならない。ちっ(怒った顔)
「電車で行けよ」って? まぁ、それはそうなんですが…。ふらふら


気を取り直して、目指すは次の目的地「丸の内 OAZO」へo。
書店「丸善」で文庫本を探索するのが目的だ。

駐車禁止の民間取り締まり委託開始以前は、この施設の駐車場は素晴らしく快適だった。
いつ行っても空車が有り、しかも土日は最初の一時間が無料だったのだ。
ところが駐車禁止の民間取り締まり委託が始まると、途端に周辺駐車場を含めて常に満車状態となり、土日の1時間無料特典は廃止されてしまった。
これは駐車場を運営する側からすればやむを得ない処置であり、それほど違法駐車がはびこっていたことの証だろう。本当に残念で仕方ない。


丸善は蔵書数も沢山だし、ビル内のレストラン街だけでなく、東京駅のレストラン等の施設利用にも、ここの駐車場はとても便利。
しかも、丸の内・有楽町エリアにグループ駐車場が多く、割引チケットは共通で使えるのだ。
ヨドバシも見習ってくれい。どんっ(衝撃)

新刊の松岡作品数冊と海外作家のミステリー?を含めて 10冊ほど買い込んで、少し早めの夕飯は5階にある「さくら蕎麦 小松庵 総本家」
流石に昼食から余り時間が経っていないが、これから1時間以上掛けて車で帰るので、軽く済ませておこうと蕎麦にした。

街の普通のお蕎麦屋さんを想像していたのだが、席についてメニューを眺めてみると、ちょっと高級なお店らしい。
何せ、「ざる」だの「もり」だのという、ごく当たり前の品名が見当たらない。たらーっ(汗)
メインはせいろの様で、十割蕎麦、二八蕎麦のいずれかで、つけ汁も梅しそ、とろろ、胡麻、鴨汁の4つから選ぶ。(各々価格は微妙に違います)

何となく「二八蕎麦・鴨汁」に決めたが、正解だったかもしれない。
お店がお店だけに、値段はやはり高めだが、かなり満足感のある食事になった。
鴨汁は過去に何度か食べたことが有るが、2切れくらいの鴨肉と小さなネギが浮かんだもの。
ここの鴨汁には厚めの鴨肉が5切れくらい、甘みのある大きめの焼きネギ、そして何と鳥団子が3つも入っている。美味しかった。


丸の内 OAZOの公式サイト
さくら蕎麦 小松庵 総本家


今日は昼夕ともに少々贅沢な食事だった。爆弾
単純だけど、何だか良い気分で帰宅の途に就いた。

posted by 太鼓屋 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

鳥つね AKIBA-ICHI店
Excerpt:     店名:鳥つね AKIBA-ICHI店 (秋葉原UDX AKIBA-ICHI) 住所:千代田区外神田4丁目14-1 秋葉原UDX AKIBA-ICHI 3F 料理:上親子..
Weblog: 秋葉食堂
Tracked: 2007-02-04 20:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。