2007年01月31日

最近聴いたCD 「幸せのちから / Sowelu」

お気に入りの女性シンガー Soweluのニューシングルは、しっとり系のバラードだ。音楽

Sowelu_0701.jpg
 
今回の曲はピアノだけをバックにしんみりした感じで始まる。
途中からストリングとコーラスが重なり、徐々に盛り上がりながらサビの部分へと向かう。
いつもながら Soweluのボーカルも素晴らしい。ぴかぴか(新しい)
ところどころの高音部ではファルセットを交え、切々と歌い上げる感じ。

途中から入るリズムも、おいらの好きなゆったり目の16ビートの生ドラムで非常に気持ち良い。
何よりメロディが良く、多くの人に薦められる素晴らしい楽曲だと思う。


この曲はウィル・スミス主演で公開中の映画カチンコ「幸せのちから」のイメージソングにもなっており、サビの部分を CM等で耳にした方も多いかもしれない。
映画は未見だが、こちらもなかなかの感動作らしい。

個人的には、このイメージソングというのがどうも納得行かない。ちっ(怒った顔)
そもそもイメージソングというのは、映画本編のテーマ曲ではないし、途中に使われる挿入歌でもない。
本編とは全く無関係に作成された楽曲をプロモーションの為だけに無理やりタイアップさせているのではないだろうか。

ドラマやアニメの主題歌とか、そういうものは紛いなりにも、その作品のオープニングやエンディング、あるいは劇中で実際に効果的に使われるのであり、これはこれで良いと思う。
今までそのアーティストを知らなかった人にも興味を持ってもらう手段としても評価できると思う。

しかし、このイメージソングというのは、そうではないだろう。
映像作品は楽曲と全く関係ない場所で作成されたのであり、楽曲もその作品のために作成された訳ではないのに、後から取って付けた様に利用するのである。

海外でも、この様なプロモーションが行われているのだろうか?
どうも日本だけの恥ずべき仕組みの様な気がする。


先日の記事で触れたアメリカのテレビドラマ「プリズン・ブレイク」の放映などは、「EXILEプレゼンツ」等と紹介され、製作にもプロモーションにも関わっているとは思えないアーティストの EXILEが番組紹介し、エンディングの日本語版製作スタッフのクレジットのバックには、しっかりイメージソングとして彼らの楽曲が掛かる。

ハッキリ言って、何か違うと思う。パンチ

誤解の無い様に言っておくけど、今回紹介する Soweluの楽曲もそういうものとは関係なしに文句無しに素晴らしいし、EXILEというアーティストの曲にも気に入っているものが沢山ある。
それなのに、何故こんなオマケ的な形で紹介されなければならないのか?という不快感が感じられるのである。



ちょっと愚痴みたいになったけど、今回紹介する Soweluの「幸せのちから」は文句無しにお薦めできる素晴らしい作品です。ひらめき
例によって初回限定盤にはプロモーションビデオと、そのメイキング映像の DVDCDが付いています。(通常版より¥350円ほど高いけどね ^^;)


Soweluの公式サイト
posted by 太鼓屋 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近聴いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

★「幸せのちから」 Sowelu
Excerpt:  Soweluさんの14th Single 「幸せのちから」 をレンタルしてきました。 映画 『幸せのちから』 のイメージソングになってます。  今作は、大切な人への想いを描いた美しくも切ないパワー..
Weblog: 日本の歌姫たち
Tracked: 2007-02-11 20:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。