2007年01月09日

凹んだ(車)のその後

先日、渋滞で後ろから追突された愛車は、リアバンパー回りを取り替えることになりそうだが、その費用は先方に負担頂ける方向で調整中。

最近の車のバンパーは樹脂製の為、凹む=破壊されてしまう という感じで、修理ではなく、取り替える他ない様だ。
塗装の色合せ的な問題からか、未塗装のバンパーを塗装して交換する。
 
 
車に乗っていた状態で、追突そのものには大した衝撃を感じなかったと思うのだが、先方の車は RVの様なタイプで、恐らくかなり重量があり、フロント回りの構造もガッチリしている為か、そこそこのエネルギーを受け、バンパー付近で吸収したらしい。
見た目では分らなかったが、ディーラーで修理費用の見積の為に確認してもらったら、トランクを開く際に引っ掛かりが出る様になってしまっていた。
つまり、バンパーの上部も力を受けて車の内側に歪んでいるということだ。
その部分も修正が必要らしいので、総額で修理費用が 17万円前後との試算だった。たらーっ(汗)

先方にもお伝えしたのだが、おいら自身、自分の運転に格別の自信は無いし、いつ立場が変わって、この様なケースの加害者になってしまわないとも限らない。
また、自分に非が無いからと言って、やたらと権利ばかりを主張して要求をつけまくる様な輩にはなりたくない。


ここまでの先方の対応にも悪印象がないことも有り、修復費用はできる限り押さえる方向で請求させていただくことにした。

修理には、およそ2週間程度掛かるが、その間の代車もレンタカー等を使わず、ディーラーの旧型車で我慢することにした。
2週間ともなると、レンタカーではコンパクトカーでも 10万円を超えてしまうので、それを請求するのは忍びないからだ。
2週間はオンボロ車で我慢するしかないが、幸い、今月は旅行等の遠出の計画も無いし、まぁ良しとしよう。わーい(嬉しい顔)
posted by 太鼓屋 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31154433
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。