2005年04月17日

最近聴いたCD 「You are you / 廣重綾」

う〜ん、紹介したい洋楽アーティストは沢山あるんだけど、どれから手をつけて良いか迷う。
んで、またしても邦楽。

先日、フラッと立ち寄ったショップでCDを物色中のこと、新人紹介のコーナーが有った。
正直、最近デビューする新人や彼らの曲を聴いても、余りピンと来ないことが多い。
学生時代に聴いた様な心に残る曲や、そのアーティストの様なインパクトが無いのだ。
ヒップホップやらラップなんてのは、殆どその手のが多い。

そんな中、可愛い女の子が写ったジャケットが目に留まった。
それが廣重綾。
おいらの場合、流石にそれだけでCD購入というのは、特に邦楽の場合は殆どあり得ない。

では、何故聴いたのか?
一つは「松任谷正隆プロデュース/松任谷由実作曲」というレッテル。爆弾
そして、ショップのそのコーナーでは試聴音楽が出来た。

シングルなので、2曲とそのカラオケバージョンのみ。
2曲目は何だかピンと来なかったが、ユーミン作曲のタイトル曲はイントロからしてポップな予感…結構いいじゃん。(笑)

実は、おいらは特別ユーミンファンではない。
何故なら、あの声とサッパリした歌い方が余り好きではないからだ。
でも、他のアーティストに提供した曲は結構好きだったりするので、実はソングライターとしては好みの様だ。

で、肝心のボーカルの方はかなりエコー等で音が加工されている様だけど、決して悪くはない。
凄く良い…とも言えないが、割合好きな感じ。

試聴しながら店内ポップのアーティスト紹介を読んでいて驚愕した。
何と12歳なのだそうだ。exclamation&question
公式サイトの情報によると、デビューは '03/1だそうだから、何と10歳でデビューしたことになるから、これは凄い。
そう言う意味では、歌い方なんかは未完成でサラッとしているけど、ピッチは安定しているし、とても12歳の子供とは思えない。

結局、CDは購入しなかったのだが、後日、TSUTAYAに入荷していたので、迷わずレンタルした。

「廣重綾」の公式サイト

一言コメントしておきますが、おいらは決してロリコンじゃないよ。爆弾
posted by 太鼓屋 at 12:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 最近聴いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、あの〜十分に○リコンだと(爆)
そゆう自分もYUIのジャケット見て聴いてしまったんですが、、、

ジャケットは重要ですよ絶対!でも昔の洋楽の方が凝っていますね。邦楽のは(女性アーティストのは)顔のアップばかりで芸がないです。あんまりメッセージ性が無いような気がします。

ユーミンの曲はかなりの確率で知ってます、好きじゃないですけど、ギターで弾けたりもします、、、なぜでしょう???
Posted by くりぱっちん at 2005年04月19日 11:01
>くりぱっちん さん
ロリコンじゃありませんってば。

YUIって、ギターサウンドスタイルの新人ですね。
確か、ドラマ「不機嫌なジーン」のエンディングテーマじゃないかと思うのですが。

公式サイトで試聴してみましたけど、LOVE PSYCHEDELICO辺りをグッとポップにした感じかな。

YUIの公式サイト
http://www.yui-net.com/
Posted by 太鼓屋 at 2005年04月20日 02:18
若いですね。

言われないとわからないですし、有る程度年齢が言っていても、こういう声の調子を「味」として聞かせる場合もありますしね。
少し「JUDI AND MARI」の「YUKI」にちょっと声が似てる様な気がしました。

まだ12歳なら、小学校6年生ですね(^^;。
そう言えば、女性は中学生くらいにデビューしてしまう人が多いですね。宇多田ヒカルとか、BoAとかがそのくらいのデビューだったような。
Posted by yuhki at 2005年04月21日 09:08
ををを、yuhkiさんは音楽ネタもバッチリみたいですね。(^^)
BoAはちょっと衝撃でしたね。
しかも、母国語じゃない日本語で歌っちゃうんですから。
皆さん記憶にないと思うんですが、同じ韓国の国民的アイドルグループらしいんですが SESっていうグループが気に入っていたんですが、残念ながら日本では売れませんでしたね。
MISIAのプロデュースしてた方がプロデュースした1st Albumは曲も良くて、結構いい線行っていたと思うんですけど。
好みがマニアックなのかなぁ。(^^;)

全然アップデートされていないらしき公式サイト
http://www.vap.co.jp/ses/
色々試聴可能
お薦めは、なんと言っても「(愛)という名の誇り」です。
Posted by 太鼓屋 at 2005年04月22日 12:30
太鼓屋サン、こんにちは。

太鼓屋さんがYumingの歌が好きだったとは知りませんでした。あの声と歌い方が苦手、ってのは判ります。でも呉田軽穂の曲も入れるとヒットソングが結構たくさんありますから、ソングメーカーとしてはすごいのでしょうね。僕は山本潤子が歌っているのが好きです、透明感があって。「星降る真夜中」とか、いいです。「海を見ていた午後」なんて本人よりもずっと良いと思います。横浜・山手の風景が浮かんできそうな唄です。ご興味ありましたら今度お貸ししますよ。

Keith Taylor
Posted by Keith Taylor at 2005年07月08日 23:48
おんやぁ〜? はて?
「keith」というお名前からは、そこはかとなく、ストーンズ好きの山男さんを想像してしまいますが、おいらの思い違いかな?
実際、ユーミンのソングライターとしての才能は凄いと思いますよ。
「いちご白書をもう一度」なんてのも彼女の作品でしたよね?

「横浜」という響きは、静岡の田舎者には余りピンと来ない上に、妙に劣等感をかき立てるものが有りますね〜。 多分、一生縁のない街だろうなぁ。

もっとも、そう思っていた六本木には時々買い物や映画観に行ったりするのですけど。(笑)
Posted by 太鼓屋 at 2005年07月09日 01:35
太鼓屋サン

あ、ばれた?太鼓屋さんがYumingの曲でコメントしているのは意外だったです。

いろいろ映画も見られているのですね。CDもアクティブに聞かれているようですごいですね。

これから静岡・富士宮の山まで行ってきます。梅雨の中モノズキ。東名の中でYuming聞くぞー。帰りには富士宮ヤキソバでも食べます。太鼓屋さんは食べた事がありますか?

ではでは。

B級グルメ好き Keith
Posted by Keith Taylor at 2005年07月09日 06:28
Keithさん、こんにちは。

いやはや、おいらの好みは変にマニアックなのか、なかなか同じ系統の趣味の方には巡り合いません。(^^;)

CDは昔の AOR作品をオークションや海外の通販で入手してまして、CDキャビネットに入りきらないで積んである状態です。

富士宮の焼きそばの名前は良く聞きますが、一度も食べたことは無いですね。
ラーメン屋街みたいに焼きそば屋さんが立ち並ぶエリアがあるのかな?
Posted by 太鼓屋 at 2005年07月13日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3005430
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。