2005年04月11日

最近の駐車場

今回のOAZO地下の駐車場もそうだし、確か羽田空港の駐車場も同じ仕組みで、未だに謎が解けない事がある。
最近の駐車場は、出庫ゲートの混雑を解消する為、駐車場への戻り口付近での事前精算機による精算を取り入れている。
事前に精算し、それから十分程度の間に出庫すれば、出庫ゲートはすんなり通過できる仕組みである。
しかも、出庫ゲートでは何と精算した駐車チケットを精算機に通さなくてもゲートが開く。exclamation&question
駐車チケットは通常の紙製で、磁気ストライプの入った従来の物と変わらない様に見える。

契約駐車場等の場合、メンバーズカード等を無線方式のチップ内蔵にすれば、そういう事も可能かと思うのだが、紙製のチケットなのに、何故差し込む必要も無く開くのだろう?
当然のことながら、精算後十分等の規定時間を経過すれば、追加料金を出庫ゲートで精算するはずなのに…。

誰か、この仕組みをおいらにも分る様に説明してください。サーチ(調べる)
posted by 太鼓屋 at 01:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分でネット検索してみたら、一発で解決しました。
正直な所、「すげぇ、そんな事やってるんだ」って感じです。

OAZO関連の情報ではありませんが、最近の駐車場では結構使われている技術の様です。
こちらの掲示板に詳しい説明がありました。
http://373news.com/nie/041218.htm

しかし、こういう疑問を一発解決できるインターネットの検索システムは本当に便利ですね。
Posted by 太鼓屋 at 2005年04月11日 23:55
それは妖精さんがゲートで密かにチェックしているのだよん(笑)

わかんないですねー 監視カメラで自動識別してるってことかな。
Posted by KIKI at 2005年04月14日 06:43
コメント送ったら既に自己解決してて鬱f(^_^.)
Posted by KIKI at 2005年04月14日 06:46
>KIKIさん
ははは、一足遅かったですね。(^^;)
Posted by 太鼓屋 at 2005年04月14日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2890357
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。