2006年06月12日

久々に本の虫

学生時代はひっきりなしに本本を読んでいたのだけど、社会人になってから殆ど本を読まなくなってしまっている。
イラストとか写真のある雑誌記事くらいを読むのが関の山…って感じ。爆弾
 
 
5月の連休くらいから暫く沈没していた影響か、本を何冊か読んだ。
もっとも、文学作品ではなくて、いつものエンターテインメント系だ。

海外の SFサスペンスが数冊、以前に観た DVDの原作でもある「姑獲鳥の夏/京極夏彦」、催眠シリーズの松岡圭祐作品を8冊。
少し前は福井晴敏作品にハマっていたけど、文庫の新刊が一向に出ないので、ちょっと違う方向に進んでみた。

松岡作品は少々ハマり気味で、8冊を読んで既に数冊を在庫中。
京極作品も3冊ほど在庫中。(これがめちゃくちゃ厚いので、ちょっとパワーが要りそう…)


当分、楽しめそうだ。

レポート書きたいけど、今はとても気力がないので、また今度…ってことは書かないって事かな。爆弾
posted by 太鼓屋 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19146698
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。