2006年01月03日

最近観たビデオ・DVD 「姑獲鳥の夏」

京極夏彦原作、堤真一主演のミステリー映画。

姑獲鳥の夏.jpg

昭和20年代末の東京で、ある奇怪な噂が世間を騒がせていた。
雑司ヶ谷の久遠寺医院の娘 梗子が 20ヵ月もの間妊娠し、夫は密室から消えてしまったというのだ。
小説家の関口はふとしたことから事件に関わり、私立探偵の榎木津と捜査に乗り出すのだが、次々と新たな謎が出現する。
 
 
 
オフィシャルサイトでは「日本のミステリーを変えた衝撃のシリーズが、今度は映画を変える!大ベストセラー超絶ミステリー“京極堂シリーズ”第1弾「姑獲鳥の夏」豪華スタッフ・キャストを得てついに映画化!」と書かれているが、残念ながら、おいらは原作のシリーズを一冊も読んでいない。爆弾

本作を観た感想は、「それほどのものだろうか?」という感じ。
原作はどうか知らないが、映像化することによって、読む人の空想や想像が介入する機会を無くしてしまった分、安っぽくなってしまったのではないかとも思う。

御伽草子の挿絵はともかく、イメージカットとして挟み込まれている姑獲鳥(うぶめ)のイメージは仮面ライダーの羽根の生えた怪人みたいで寂しいものが有る。もうやだ〜(悲しい顔)

実相寺昭雄と言えば、「ウルトラマン」関連に始まり、独特な演出で結構著名な監督だと思うのだが、幾つか印象的なカットが有る割に、興ざめのシーンも多い。
舞台劇の様にピンスポットを多用した演出は、映画としてはどうなんだろう?と少々疑問に思う。

ロケ地として文京区の根津神社が出てくるが、東京では近所に住んでいたので、意味もなく嬉しかったりする。爆弾
ここはロケ地として良く使われており、映画「RAMPO」でも紅い鳥居の列が印象的に使われていた。

京極堂.jpg榎木津.jpg関口.jpg

何せ原作を読んでいないので、堤真一は京極堂というキャラクターのキャストとしてどうなのか…とか、原作のイメージを上手く映像化できているのか…とか、映画化が成功なのか失敗なのかを判断する材料を持ち合わせていない。

阿部寛、宮迫博之は、なかなか良いかも。
永瀬正敏は最近の日本映画では起用の機会が多い俳優だと思うのだけど、何処が評価されているのか、正直な所よく分からない。

そんなに原作のシリーズが評判良いのならば、一度読んでみようかなぁ。

「姑獲鳥の夏」の公式サイト
posted by 太鼓屋 at 10:00| Comment(6) | TrackBack(2) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ邦画ですね!
ども

昨年何気なくレンタルビデオ屋に行ったらズラズラーっと並んでいたので借りてみました。
何の予備知識もなく観たのですが「なんだかな〜?」っていうのが映画に関する率直な感想です。
でも私にとっては懐かしい原田知世の芝居を思いがけなく見ることができてちょっと収穫でした。以外に変わってないじゃん!って確認作業はできました(笑)

この映画に限らず、出演者に思い入れがある人が映画を見るとぜんぜん違った評価をするんでしょうね。石原裕次郎の頃から続く「スター(アイドル)が見られるのが最大の目的」っていう映画の興行の仕方があったことを思い出しました。
堤真一、永瀬正敏、阿部寛ファンなら許せる映画みたいに出来上がってしまってるのがダメなんでしょうね

そういえば昔、「・・・の・・・」みたいに助詞「の」を入れまくっていた時代がありましたね、「犬神家の一族」とか。その後は「・・・物語」でしょうか?そんなタイトルのつけ方にちょっと懐かしさを感じました。

「火サス」は見ませんが、この映画の出来はきっとそういうレベルなんではないのかと、、、←辛すぎ??
Posted by くりぱっちん at 2006年01月04日 00:07
太鼓屋さん、こんばんは。

僕は、映画は見ていないのですが、原作は読みました。原作は各登場人物のキャラクターも一つの見せ物でした。かなり劇画調だった記憶があります。
また、堤真一=京極道は、ビジュアル的にはいい線を行っていると思っています。

小説のストーリーは、何とも後味の悪い感じの作品でした。
トリック?もあくまで、小説という文章で描く舞台だからできることであって、「映像化は難しいだろうな。。」と思ってましたが。。
小説の印象を、そのまま映像化するとグロくなって、誰も見たがらない気がします。
映像化にあたり、ストーリーでかなり妥協したのでは、と個人的には思っています。

太鼓屋さん、くりぱっちんさんの書き込みを見ると、なんとなく予想があたったかな。。
Posted by Yuhki at 2006年01月04日 00:38
>くりぱっちん さん
妙なイメージカットやフラッシュバックでは、何だか怖さが感じられないですよね。
断然怖いのは、久遠寺菊乃役の石田あゆみです。
憑き物ついているかも。(^^;)

京極堂はともかく、榎木津の他人の記憶が見えるという能力もちょっとトランプのジョーカーみたいで好きになれない設定かも。

原田知世は確かに大人の女性になってましたが、演技の方はどうなのかなぁ?
そう言えば、余り印象に残らないけど、篠原涼子も出てましたね。


>Yuhkiさん
やはり読破されていましたか。
堤真一のイメージは良い線行っているんですね。

邦画で日本語セリフだからなのかも知れませんが、途中、堤真一のセリフがモゴモゴしていて、どうしても聞き取れず、日本語字幕を ONにしました。
録音の関係もあるんでしょうが、邦画はセリフを聞き取りにくい作品が多い様に思います。

そんなにグロいイメージなんですか?
やはり映像化は失敗なのではないでしょうか?

余談ですが、京極夏彦氏本人が傷病兵(水木しげる)役で出ていました。
角川映画なんかでもそうでしたが、原作者が出たがるのか、はたまた制作者サイドが出したいのか…。
でも、意外に様になってましたよ。(^^;)
Posted by 太鼓屋 at 2006年01月04日 02:09
太鼓屋さん、こんにちは。

>途中、堤真一のセリフがモゴモゴしていて、どうしても聞き取れず、日本語字幕を ONにしました。
ははは。

>そんなにグロいイメージなんですか?
ええと。人によって印象に差があると思うのですが、エログロ調な印象がありますねぇ。。
映画版をみてみたいです。。まず、レンタルの会員証を作らなければ(引っ越したばかりなので)。

会社の読書友達の秘書さん(グロイ作品が好きではなく、ほんわか系の心が暖かくなる作品が好み)が読みたいと言っていたのですが、勧めなかった覚えがあります。
赤子の顔を石でたたきつぶすのはどうかと。。幼女に薬を飲ませていたづらする大人の話はどうかなと。。登場人物もある意味狂ってますしね。

余談ですが、例の植物は本当にあり、下手すると意識障害を起こして死んでしまう事もあるそうです。間違って食べてしまった方の手記を読みましたが、自分で狂った様な行動を取ってしまうのは認識できるみたいなのですが、自分では制御が利かなくなるみたいな事を書いてあった覚えがあります。
救急車を呼ぼうとして、電話をかけようとしたけど、電話が思うようにかけられず、外に出て近所の人に助けを求めて救急車を呼んでもらったとか。

>京極夏彦氏本人が傷病兵(水木しげる)役で出ていました。

出てましたか!好きなんですね。彼は。
「妖怪大戦争」にもプロデューサー件、役者として出てましたよ。
Posted by Yuhki at 2006年01月04日 22:30
原作はかなりのボリュームなので、そもそも2時間程度に収めるのは至難の業だったのでは?という気がしています。
全体的に全てが思わせ振りであったと思います、原作ではもっとエログロ耽美な世界だったようですが、いかんせんそも魅力が映画にはなかった。安っぽかった(笑)
Posted by るるる@fab at 2006年01月05日 20:23
>Yuhki さん
エロの部分が、何だか江戸川乱歩作品みたいですね。
でも、それだけ読まれている作品なのでしょうから、何だか読んでみたい気はします。

>るるる さん
トラックバック、ありがとうございます。
かなり癖のある凝った演出が、実相寺監督の作風なんでしょうね。
ホントに安っぽかったと思います。(^^;)
Posted by 太鼓屋 at 2006年01月06日 01:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「姑獲鳥の夏」
Excerpt: 「姑獲鳥の夏」を観ました。 昭和27年、大病院の娘・梗子が妊娠20ヶ月にして未だ出産していないという。更にその夫は1年半前に失踪、病院では新生児が姿を消すという奇怪な噂まで。関口は京極堂の助..
Weblog: るるる的雑記帳
Tracked: 2006-01-05 20:17

姑/姑
Excerpt: 姑について悩みを解決するには、まずは姑についての正しい知識が必要です。そこで、姑についての情報を集めました! 姑について調べて、姑に関する悩みを解決しちゃいましょう! スポンサードリンク ..
Weblog: なるほどキーワード
Tracked: 2006-11-22 18:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。