2005年12月03日

金沢散策(T)

今回の金沢では、前回訪れて気に入ったスポットを再訪した。
金沢に4年もいたのに在学中には一度も行ったことがないのだから不思議だ。

IMG_0216.JPGIMG_0217.JPG

IMG_0224.JPGIMG_1318.JPG

その1は、ひがし茶屋街。
以前は「東の郭」と呼ばれ、元々は遊郭の立ち並んでいたところであるらしい。
「茶屋」と言うのは、京都辺りから来た呼び名だろうか?
 
 
 
今は、風情のある古い家並みの見られる観光スポットな訳であるが、この一角に「一笑」という茶房(喫茶)がある。
パンフレットによると、製茶工場を持つお茶屋さんが出店している様だ。


IMG_1319.JPGIMG_1323.JPG


前回訪れた際に見つけて、ふと入ったのであるが、おしゃれで落ち着いたお店で、店内は常にギャラリー的に使用されている様でもある。
前回は小さな茶室のスペースに陶器に生けられた植物が飾られていて、とても綺麗だった。
今回はフェルトを使ったアクセサリやインテリアだったが、個人的にはちょっと茶室の雰囲気にはそぐわない気がしなくもない。

IMG_0219.JPGIMG_0221.JPG


喫茶のメニューの方は、お茶とお茶菓子のセット。
抹茶、煎茶、玉露、加賀棒茶のいずれかと、季節の和菓子、白玉ぜんざい、酒まんじゅう、抹茶ロールのいずれかを好みで組み合わせてくれる。(抹茶ロールは週末だけのメニュー)
前回は、抹茶と酒まんじゅうだったかな?

今回は、抹茶ロールと煎茶。
実は、翌日に再訪して、加賀棒茶と酒まんじゅうを頂いた。
(下の写真は左がオーダーしたセットで、右はセットを頂いて暫くした頃にサービスで出してくれるもの)

IMG_1348.JPGIMG_1350.JPG


翌日はスタッフの方が憶えていてくれて、席を移動させてくれたり、細かな気遣いを頂いた。
しかも、お勘定をして外に出て歩き始めたら、お店の方がわざわざ追い掛けて来てくれて、何と加賀棒茶のティーバッグを頂いた。
何だか、本当に申し訳なくて、こちらが恐縮してしまった。


一人だと若干手持ち無沙汰だけど、雰囲気の良いお店なので、とてもお薦めだ。

茶房「一笑」


金沢は金箔を使った工芸品でも有名で、ひがし茶屋街の中にも「箔座」なるお店が有って、金箔を使った工芸品は勿論、金箔そのもの(最近は料理とかに掛けて食べるなんて使い方も有るんですね ^^;)、あぶらとり紙…等、様々な商品が並んでいました。
そのお店の奥には、何と「金の蔵」も。ぴかぴか(新しい)

IMG_1346.JPG


(注)文中の写真には前会訪れた時のものと今回のものが混在しています。
posted by 太鼓屋 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか良い感じですねぇ〜!
千里浜〜能登半島をバイクで廻った時に、俵屋と兼六園には立ち寄ったのですが、もっと金沢でゆっくるするのもアリですね。
Posted by Gotaro at 2005年12月04日 00:55
Gotaroさん、いらしゃいませ。

やっぱり俵屋にいらしたんですね。
流石に有名なんだなぁ。

在学中に俵屋に連れていてもらったのは、バイク乗りの友人でした。
当時は車も持っていなかったので、バスかタクシーしか足が無くて。
男二人のタンデムはちょっと微妙?(笑)
Posted by 太鼓屋 at 2005年12月04日 01:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。