2005年06月24日

最近観た映画 「ザ・インタープリター」

ニコール・キッドマン、ショーン・ペン主演のサスペンス。

TIP_1.jpg

国連本部の通訳として働くシルヴィア(キッドマン)は或る夜、仕事場である会議場の通訳ブースに荷物を取りに寄った。
ブースから見下ろした会議場での物音を不信に思い、マイクのスイッチを入れ、ヘッドホンを耳へと…。
彼女が耳にしたのは祖国アフリカ・マトボの言語で、マトボ大統領暗殺に関わる何者かのやり取りだった。
その時、照明が点灯し、ブースに立つ彼女は会議場にいる何者かに丸見えになってしまった。

続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近観た映画 「戦国自衛隊1549」

「戦国自衛隊」は半村良原作のSF小説で、以前に角川映画により一度映画化されている。
今回の「戦国自衛隊1549」は「自衛隊が戦国時代にタイムスリップする」という、この小説をベースアイデアとしているが、新たに映画用に書き起こされたストーリーで、著者は、このブログにも何度か登場している福井晴敏氏だ。
今回も「ローレライ」と同様に原作を読まずに映画を観た。

1549_0.jpg


富士の裾野で太陽黒点の変化による電磁波の影響を防止するシールド設備の実験(だったと思う …うろ覚え^^;)を行っていた自衛隊の部隊が突然消失してしまった。
消失地点に残された植物より、それは戦国時代のものと判明する。
しかも、数日後に消失地点には負傷した侍が姿を現したのである。

続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。