2005年05月15日

最近読んだ本 「川の深さは/福井晴敏」

映画「ローレライ」の原作者の事実上のデビュー作らしい。
乱歩賞の最終選考にまで残ったが、最終的には落選した作品で、後日加筆修正されて出版されたとのこと。

本当は「亡国のイージス」を読みたかったのだけど、このところ、活字に無縁の生活をしていた身に、いきなり上下巻は辛いというだけの理由で選択。ふらふら

オーム真理教の地下鉄サリン事件がモチーフになっているのだと思うけど、確かに、今考えてみると、あんな大それた事件を警察にマークされていたカルト教団が自分達だけで実行するなんてことが可能だろうか?と考えさせられるリアリティを感じた。ひらめき

端整なマスクで頭脳明晰、しかも強靭な肉体を持つヒーロー(?)、元警察官でヤクザと堂々と渡り合う日本の正統派オヤジ…等々、解説にも書かれていたが、ちょっとアニメ的な濃いキャラクターが引っ掛かる気もするが、初期の作品であることを考えれば、むしろストーリー展開やアイデアは流石だと感心した。(SFとか大好きだったおいらには、こういうキャラクターにも抵抗無いけど…爆弾

読後の感想は、ちょっと無理が有る部分も目に付いたけど、ストーリー的には引き込まれる部分も有って面白かった。万人向けとは言えない気がするけど。

しかし、他の著作紹介を眺めてみると、どうも自衛官とか戦闘関連の物語が多い様で、この先読み漁るのにはちょっと根気が要りそうだ。

福井晴敏オフィシャルサイト
posted by 太鼓屋 at 14:22| Comment(4) | TrackBack(1) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。