2005年05月06日

最近観たビデオ・DVD 「理由」

またしても邦画だ。(^^;)
暇に任せて一気に観ただけなのだが…。

「理由」は宮部みゆき原作の同名小説の映画化。
おいらは知らなかったが、原作本は直木賞受賞作品で、ミリオンセラーらしい。
そもそも、この作品を観てみようと思ったのは、宮部みゆきの作品は何作か読んでいて、結構面白かった記憶が有るからだった。

映画化された作品には他にも「クロスファイアどんっ(衝撃)」が有る。
主演が矢田亜希子だったので、レンタルビデオで観たが、あれは小説本の方が面白かった。

「理由」は大林宣彦監督作品で、非常に実験的な作品でもある。
何故なら、100人を超える登場人物がおり、それらの登場人物の証言により物語が進行するからで、映画化は不可能と言われていたらしい。

ストーリーは、流石の宮部みゆき作品で、原作を読んでいなかった分インパクトも強かった。
都心のとある高層マンションで住人の殺人事件が発生し、一家4人が惨殺される。
誰が、何故殺したのか、一向に見えてこない警察の捜査の中、マンションの一室に住んでいた彼らはその部屋の本来の住人ではないこと、いやそもそも家族ですら無い赤の他人であることが明らかになって行く。がく〜(落胆した顔)
一体、何故? 彼らは一緒にそこに住んでいたのか?
誰が何の為に彼らを殺さねばならなかったのか?

大林監督は、本作品をセリフまで含めて原作に忠実に撮影したそうだ。
ただ唯一、立川談志だけはセリフを無視して自由に喋ってもらったらしい。
登場人物の数については、実際に自分で数えた訳ではないが恐ろしい数であり、エンドロールのキャストのリストを観ると凄いものがある。

エンディング間際のイメージ映像の様な部分は正直ピンと来なかったが、物語そのものは宮部みゆきの斬新なアイデアとストーリーで非常に面白い。
様々な証言から徐々に明かになって行く真相は良く練られているミステリーだ。

大林作品は今まで、正直まともに観たことが無い様な気がする。目
一種の食わず嫌いで、メディアや予告編等からのイメージで勝手に想像して、避けていた様だ。
本作は、なかなか丁寧に作られていて、良かったと思う。

蛇足だが、特典映像として「理由が映画になった理由」という監督のコメンタリー付きの映像が収録されており、これもなかなか勉強になった。ひらめき

「理由」のオフィシャルサイト
posted by 太鼓屋 at 00:33| Comment(8) | TrackBack(1) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。