2005年05月01日

連休初日は…

ゴールデンウィーク連休初日。

オヤジ殿がおいらの生活ぶりを視察に来た。(笑)
ここに移転してからの来訪は初めてだ。

東京に住んでいた時のひどい暮らしぶり(大量のものが散乱する部屋で万年床 ^^;)を知っているだけに、かなり心配してきたと思うが、あの頃よりはズッと綺麗になっているので、まぁ一安心だったと思う。勿論、常に、こんなに綺麗な状態が保たれている訳ではないが………。ふらふら

部屋でゴロゴロしていても仕方ないので、親父殿のリクエストで「しゃくなげ」を観に修善寺の「虹の郷」に出掛けた。
流石に連休中なので、行き帰りの道路はプチ渋滞。車(セダン)
「虹の郷」の駐車場も、5つある駐車場がもう少しで一杯になるくらいの大盛況だった。

「虹の郷」はそこそこ広い敷地に、日本庭園、イギリス村、カナダ村、フェアリーガーデン、匠の村…等が有る、こじんまりしたテーマパークだ。
庭園には、一年中四季折々、なにがしかの花が咲き乱れ、目の保養になる。かわいい

IMG_0887.JPG

本来、今の時期は「しゃくなげ」「藤」「つつじ」等がシーズンらしい。
ところが、「しゃくなげ」は色々な種類が花を付けていたのに対して、「藤」は立派な「藤棚」があるにも関わらず一つも花を付けていなかった。
後でホームページを眺めてみると、今年は裏年と言って例年の半分以下の花数でしか観られない様で、しかも時期的にはGW後半から十日間くらいになる様だ。

実は「しゃくなげ」がどういう花なのか、おいらは全く知らなかった。爆弾
おいら位の年代になると、花の種類や開花時期等について、よく知っている人は皆無だろうな。
ピンク、赤、白…等、ひとくちに「しゃくなげ」といっても種類は様々の様で、こちらの庭園では森になっているので、密集した花が色鮮やかで綺麗だった。

IMG_0892.JPG

IMG_0891.JPG

この日は晴れて暑いくらいだったので、木陰で風を感じると非常に気持ち良い。

年配の方は日本庭園、子供連れは様々なテーマ展示、食事処レストランやお土産店もテーマエリアごとに色々有るので、老若男女、それぞれの楽しみ方が出来ると思う。
園内には、アンティークな鉄道電車やバスバスも走っており、小さな子供は喜ぶかもしれない。

ただ、今回はほんの少ししか観て回らなかったので¥1,200の入場料はちょっと高いかなぁ。

修善寺「虹の郷」
posted by 太鼓屋 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。