2005年05月07日

にわかグルメ 「和食 えん(丸の内 OAZO)」

ホテルを出て買い物をすると、もう昼だった。
どこに昼食レストランを食べに行こうかと考えたが、他に良いアイデアを思いつかないし、前回の印象が割合良かったので、丸の内の OAZOに行くことにした。
(以前に、ふじ さんから土日祝日は駐車場が 1時間無料であるという情報も得ていたしねわーい(嬉しい顔)

今回は5Fにある「和食 えん」に決めた。

IMG_0921.JPG

お店の作りはシックな和風で、雰囲気はとても良い。
ただ、カウンタに座ると、割合近くに店員の男衆が何人も立っているのがちょっと気になった。

幾つかあるランチメニューから「本日のお薦めお魚料理」というセットを選択。
(本日のお薦めお魚料理、おばんざい 3品、ご飯、お新香、赤だし味噌汁)
魚料理は「つぼ鯛の味噌焼き」だった。

IMG_0917.JPG

前回の「おかずや 平句凡帳」に比べると、同じ焼き魚でもかなりボリュームがあり、こちらの方がしっかり食べられる感じ。おいらはしなかったが、ご飯もお代わり自由らしい。
おばんざい(お惣菜)も僅かずつだが 3種類つくので、バラエティ感も有る。
右上の透き通った緑色のものは、多分こんにゃくの様なものに酢味噌を添えたのだとおもうが、何となくデザートの様に見えたので最後に食べたのだが、しっかり酸っぱい味のおかずだったのでバランス良くつまむべきだった。ふらふら

ちなみに御値段は¥1,260だが、これでも一番安いメニューである。たらーっ(汗)
美味しいし、満足度はそこそこ高かったけど。

「和食 えん」


続きを読む
posted by 太鼓屋 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にわかグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗車すると雨…

金曜の夜から東京に出掛ける予定だったので木曜に洗車したのだが、何故か洗車すると雨が降る様な気がする。爆弾

昨夜はかなり強めの雨の中、ちょっと力入れて走って来たので、リアバンパー辺りは薄汚れているかな?と思ったのだが、意外に綺麗だった。
雨の中を走って来たにしては、ボディの艶も良い感じ。ひらめき

どうも、以前にも紹介した「Griot's Garage」の洗車用品(とりわけ液体ワックス)の効果は非常に高い様に感じる。
ボンネットとフロントバンパーにある大きな引っかき傷も目立ちにくくなっている気がするし、スワルマークも明かに軽減されている様だ。(高いお金出した為に効果が有ったと思いたいだけかもしれないけど…たらーっ(汗)

友人からは「そんな高い洗車用品使う様な車じゃないでしょ。馬鹿じゃないの?」と言われそうな気もするけど。爆弾
posted by 太鼓屋 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

最近観たビデオ・DVD 「理由」

またしても邦画だ。(^^;)
暇に任せて一気に観ただけなのだが…。

「理由」は宮部みゆき原作の同名小説の映画化。
おいらは知らなかったが、原作本は直木賞受賞作品で、ミリオンセラーらしい。
そもそも、この作品を観てみようと思ったのは、宮部みゆきの作品は何作か読んでいて、結構面白かった記憶が有るからだった。

映画化された作品には他にも「クロスファイアどんっ(衝撃)」が有る。
主演が矢田亜希子だったので、レンタルビデオで観たが、あれは小説本の方が面白かった。

「理由」は大林宣彦監督作品で、非常に実験的な作品でもある。
何故なら、100人を超える登場人物がおり、それらの登場人物の証言により物語が進行するからで、映画化は不可能と言われていたらしい。

ストーリーは、流石の宮部みゆき作品で、原作を読んでいなかった分インパクトも強かった。
都心のとある高層マンションで住人の殺人事件が発生し、一家4人が惨殺される。
誰が、何故殺したのか、一向に見えてこない警察の捜査の中、マンションの一室に住んでいた彼らはその部屋の本来の住人ではないこと、いやそもそも家族ですら無い赤の他人であることが明らかになって行く。がく〜(落胆した顔)
一体、何故? 彼らは一緒にそこに住んでいたのか?
誰が何の為に彼らを殺さねばならなかったのか?

大林監督は、本作品をセリフまで含めて原作に忠実に撮影したそうだ。
ただ唯一、立川談志だけはセリフを無視して自由に喋ってもらったらしい。
登場人物の数については、実際に自分で数えた訳ではないが恐ろしい数であり、エンドロールのキャストのリストを観ると凄いものがある。

エンディング間際のイメージ映像の様な部分は正直ピンと来なかったが、物語そのものは宮部みゆきの斬新なアイデアとストーリーで非常に面白い。
様々な証言から徐々に明かになって行く真相は良く練られているミステリーだ。

大林作品は今まで、正直まともに観たことが無い様な気がする。目
一種の食わず嫌いで、メディアや予告編等からのイメージで勝手に想像して、避けていた様だ。
本作は、なかなか丁寧に作られていて、良かったと思う。

蛇足だが、特典映像として「理由が映画になった理由」という監督のコメンタリー付きの映像が収録されており、これもなかなか勉強になった。ひらめき

「理由」のオフィシャルサイト
posted by 太鼓屋 at 00:33| Comment(8) | TrackBack(1) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

あれこれ…

Yahooオークションで購入した CDが昨日届いた。
定型外郵便郵便局なので、切手が貼ってあった。
最近は、こんな切手があるんだな。何かの記念週間とかの発行かもしれないが、知らなかった。

IMG_0916.jpg

よく見ると「ふみの日」って印刷されていた。
何かストーリーがあるんだろうけど、これじゃ分らないな。

続きを読む
posted by 太鼓屋 at 11:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

ドライブ(の続き)

お土産を買って島田市を出たおいらは、再び金谷町を抜け牧之原へ、更に南へ下って相良町に降りた。そこから御前崎へ。

IMG_0902.JPG

IMG_0903.JPG

御前崎は、おいらが小さい頃は立派な観光スポットだったが、今行ってみると、何だか廃れてしまっていて、非常に寂しい。

そう言えば、昔ここには御前崎サンホテルが有った。
その駐車場には外車がよく止まっていた。
中学生から高校生の頃にスーパーカー・ブームが吹き荒れ、カメラカメラを持ってあちこち写真を撮りに出掛けたものだ。穴場はゴルフ場の駐車場で、時々ポルシェなんかを見掛けた。
サンホテルの駐車場ではランボルギーニのウラッコを見つけて舞い上がり、写真を撮った覚えがある。(カウンタックやフェラーリなんかは、静岡ではショーでもないと見掛けなかった)わーい(嬉しい顔)

続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にわかグルメ 「よし善(金谷)」「元祖 清水屋(島田)」

ここ数日ヒッキーだったので、今日はドライブ車(セダン)に出掛けることにした。
以前から、行ってみたいと思っていたお店で昼御飯レストランを食べる企画だ。

朝 10時頃に出発。
国道1号線で清水の手前まで行き、そこから更に海沿いの道を清水市→焼津市と回って島田市を抜けて金谷町へ。
そこから新金谷駅を目印に走る。
ネットで事前に地図を見たのだが、打ち出して持参するのを忘れた上に、お店の名前が分らない。爆弾
記憶を頼りにお店の看板を探していると、うまい具合に電信柱に看板と道案内が有った。
お店の名前でなく、「菜めし」「田楽」の文字でピンと来たのだった。

このお店を知ったのは、地元のケーブルテレビか何かの番組だった。
金谷町にある郷土料理の店で、「みそ田楽」「菜めし」が名物と紹介していたが、それがこの辺りの郷土料理だとは知らなかった。
お店に着いたのは、既に 13:00頃だったと思う。

IMG_0898.JPG

門をくぐり格子戸を入ると、アンティークな趣の作りの店内で、大きな猫が出迎えてくれる。
店主が猫好きなのか、あちこちに猫の置物や絵が飾られている。

IMG_0894.JPG
IMG_0895.JPG

続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | にわかグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

最近観たビデオ・DVD 「美女缶」

余り予算とか掛けてなさそうな邦画「美女缶」を観た。
監督もキャストも、正直なところ、全然知らない。

借りてみようと思ったのは、パッケージのストーリー紹介と何人かのコメントを読んで興味を持ったからだ。

【ストーリー】
主人公が引っ越したアパートの隣の部屋に住む住人。
冴えない風体なのに、何故か部屋には美人キスマークが出入りしていて、しかもその数が尋常でない。
ある日、主人公は隣の部屋に忍び込み、「美女缶」という奇妙な缶詰を見つける………。


男の持つ夢・願望をうまく物語に繋げていて、SFというかファンタジーな内容。
とは言え、楽しくはちゃめちゃなハッピーエンドとは行かず、切ないストーリーでもある。

知名度のある俳優が一切キャスティングされておらず、CGや特殊効果らしいものも無し。
セットや小道具に至るまで、ごく普通な感じの低予算映画だと思うが、アイデアとストーリー次第で面白いと思わせる事が出来るんだ…と感じた。ひらめき

後で分ったのだが、フジテレビ系の「世にも奇妙な物語」の一エピソードとして、妻夫木聡主演で同じ監督によりリメイクされ、4/12に放映TVされたらしい。
タイムリーなリメイクだったので見逃したのは残念だ。もうやだ〜(悲しい顔)

「美女缶」の公式サイト
posted by 太鼓屋 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近観たビデオ・DVD 「予言」

「予言」は、おいらが中学の頃、少年マガジン(だったと思う)に連載されていた「恐怖新聞」を原作にした映画。
原作者は「恐怖新聞」「うしろの百太郎」等で、コックリさんブームを引き起こした つのだじろう。

これも予告編が結構怖そうだったのだけど、実際観てみると、そこまでではなかった。
ただ、「感染」とは違って、ところどころにドキッがく〜(落胆した顔)とする怖い場面が有る。

実写映像化する上では、未だ起っていないことが掲載されている「恐怖新聞」をどの様に描くかが難しいと思う。
ただの新聞では怖さが無いし、そうかと言って CGや特殊効果を多用しても「つくりもの」感が増すだけで、余り効果的とは言えない気がする。

キャストの三上博史、酒井法子はなかなか頑張っていたと思う。
特に酒井法子は、アイドル「のりぴー」のイメージから完全に脱皮して、母親役を好演していた。

「予言」のストーリーも流れの必然性が感じられず、今一つのめり込めないが、親が子を想う気持ち、我が身に代えても家族を守りたい…そういう部分はキチンと描けていたと思う。もうやだ〜(悲しい顔)

「Jホラーシアター」(「感染」「予言」の情報ページ)
posted by 太鼓屋 at 23:45| Comment(4) | TrackBack(2) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近観たビデオ・DVD 「感染」

最近、日本のホラーが世界的にも評価されている。
「リング」や「呪怨」がその代表だけど、確かに「リング」「らせん」は原作も読んでみて、ストーリーアイデアの勝利だなと感じる。

で、最近公開されたばかりの「感染」「予言」がもう DVDになったので借りてみた。目

「感染」は病院病院を舞台に展開される奇妙な感染症を題材にしたホラー。
予告編で観たシーンが結構怖そうだったので、かなり身構えて観たのだけど、正直な所、それほどでも無かった。
キャストも結構実力派な俳優が揃っていると思うのだけど、何かもう一つ実力発揮できていない感じ。星野真理、木村多江は頑張ってたと思うけどなぁ。

ストーリーも流れに何だか必然性が感じられなくて、余りのめり込めなかった。
夜の病院というのは、実際かなり怖いと思うので、ストーリー次第では相当な恐怖が描けるのではないかと思うけど、今回はもう一歩かなぁ。

「Jホラーシアター」(「感染」「予言」の情報ページ)
posted by 太鼓屋 at 23:43| Comment(2) | TrackBack(3) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近観たビデオ・DVD 「シークレット・ウィンドウ」

スティーブン・キング原作、ジョニー・デップ主演のミステリーである。
離婚を控えて妻と別居中の作家モート・レイニーの家に、ある日男が尋ねてくる。
モートのある小説を自分の作品の盗作だと言い、結末の書き直しと自分の名前での出版を要求する。
モートは男を追い返したが、男は執拗につきまとい、様々なやり方で脅しを掛けてくる…。

スティーブン・キング原作の映画は沢山あり、どれも斬新なストーリーに驚くが、今回の作品に関しては、こちらの期待が大きすぎたのか、ちょっと消化不良だった。
設定はともかく、途中で何となく展開が見えてしまったからだ。

主演のジョニー・デップに関しても、「シザー・ハンズ」での好演で良い俳優だという印象がある為か、最近の作品(ナインスゲート/スリーピー・ホロウ/フロム・ヘル)は正直余り面白くなかった。

途中、さも意味有りげに画面に写るモートの腕時計は、結局、何の伏線にもならず、これまたガッカリだった。

「シークレット・ウィンドウ」の公式サイト
posted by 太鼓屋 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近観たビデオ・DVD 「デビルマン」

言わずと知れた永井豪原作の漫画「デビルマン」の実写(?)映画化である。

永井豪と言うと、おいらの年代には「ハレンチ学園」「キューティーハニー」等、ちょこっとH奈漫画ばかり描いていたイメージが強いが、実は「マジンガーZ」や「ゲッターロボ」なんかも彼の作品だし、中でも「デビルマン」は多くのファンを持つ特異な作品である。

キリスト教が主勢力である海外の映画には、サタンや悪魔を題材にしたストーリーが数多いが、当時の日本では余りお目に掛かったことなどなかった。
主人公のデビルマンはいわゆるヒーローの様にカッコ良いいでたちではなく、下半身は毛むくじゃらで鋭い牙・爪を持ち、尻尾まで有る。武器を持たず、相手を引き裂く。
設定やストーリーは子供向け漫画にしては難解だし、勧善懲悪ではなく、サタンと悪魔が神から一方的に楽園を追われた存在として描かれたりしている。

以前にテレビアニメ化TVされているが、そこでは完全に子供向けに作り変えられて勧善懲悪ストーリーになっていた。パンツを履いたデビルマンが、光線やカッターを発射して敵を倒すのである。(それでも子供時代はシッカリ観ていたけど…爆弾

原作の壮大なストーリーをビジュアル化するのは殆ど不可能だと思う。
今回の映画化を行った人の勇気は認めるが、ハッキリ言って失敗だったと思う。

実写とは言いながら、CGというよりもアニメーション的な映像が多い。リアルさに欠けるのである。(戦闘シーンなどに顕著)

主役の二人は演技経験のない FLAMEとかいうグループのイケメンだし、共演が宇崎竜童・阿木燿子夫妻やきたろう…等々、どういう事情かしらないが小林幸子とか出ているし。たらーっ(汗)
シレーヌ役の冨永愛の戦闘形態のコスチュームにちょっと惹かれる(汗)けど、こちらも演技経験不足という感じ。
強いて言えば、ヒロイン牧村美樹役の酒井彩名は可愛かった。ぴかぴか(新しい)

初日舞台挨拶の映像で永井豪は「三十数年掛かって映画化に漕ぎ着けた作品で感慨もひとしお」と語っていたが、本当にこれが彼のイメージの具現化なのだろうか?
壮大なストーリーだけに、もっと違う配役で観たかった。
ひょっとすると、この作品こそ、海外で映画化されるべきかもしれない。

「デビルマン」の公式サイト
posted by 太鼓屋 at 00:08| Comment(8) | TrackBack(2) | 最近観たビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

今日は平日なんだなぁ

今年の連休は 9連休となった。
社会人にとっては、世の中全てが黄金週間…というイメージも有るが、実は今日は平日で、学校はは実はお休みではないんだなぁ。(うちの甥っ子は遠足だったらしい)
逆に先週の金曜は「みどりの日」で世の中は祝日だったが、おいらは出勤だったので、最初は気付かなかった。ふらふら
今日仕事をしている人は、遊びほうけている輩を横目に、本当にいまいましいちっ(怒った顔)だろうな。

予定が狂ってしまったので、昼過ぎにフラッとドライブに出掛けた。
時間が時間だったので、近場だが十国峠まで行ってきた。
前後に連なる車や行き帰りにすれ違う車が多少多く感じられ、やはり連休中なのだな…と感じた。

普段、車では CDばかり聴いているのだけど、珍しく FMを聴いてみた。音楽
ブラコン風のアカペラコーラスが流れてきて、何処かで聴いた様なメロディだなぁ…と思ったが、このところのくりぱっちんさんとの会話の中でも登場していた BOSTONの「More Than A Feeling」だった。
最近、昔の曲を全く違うアレンジでカバーしたりするものも多いが、BOSTONのカバーは初めて耳にした。

そのうち、静岡の FM局 K-MIXの番組で、K-MIXとサークルKサンクスが共同開発したという「みかんのお水 ちゅう」という清涼飲料の紹介が始まった。静岡限定で、しかも何年か前から売り出しているらしい。
FM局が清涼飲料の共同開発元というのもワケワカな世界だが、何と K-MIXのパーソナリティが歌うキャンペーンソングまで有るのだそうだ。
番組のパーソナリティがキャンペーンソングのタイトルを『ムード歌謡の決定版 年中夢中(ねんちゅうむちゅう)黒ハート冷たいちゅう』と紹介するのを聞いて、思わず吹き出してしまった。わーい(嬉しい顔)
ゴロが良く、おいらのツボにハマってしまった様だ。
曲は紹介のバックでチラッと流れたが、よく聞こえなかった。
サークルKを探して飲んでみようかなぁ「ちゅう」。バー
posted by 太鼓屋 at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しそうだなぁわーい(嬉しい顔)

昨日は、ちょっとドライブがてら実家まで行ってきた。車(セダン)
親父殿のPCの設定を確認する為だ。

家を出た時には曇り空だったが、富士川の SAに寄った頃は晴れ間が見え、暑いくらいの日差しだった。
何かお土産でも買って行こうと寄ったのだが、思わぬ後景が見られた。

SAの建物脇のスペースでおじさんバンドがライブ演奏をしていたのである。
髪が殆ど白くなっている方もいて、恐らく私よりも年配の方ばかりだとおもう。
アロハシャツを着て、ベンチャーズを演奏していた。

おいらは、ベンチャーズを特に好きでもないし、ダイヤモンドヘッドくらいだったら聴いたこと有る…程度で興味もなかったのだが、昨日の演奏を聴いていると、たまにはこんなのもいいなぁ…と思った。
何より、演っている人たち自身が楽しそうだった。

人前で演奏するのはプレッシャーも有るし、非常に緊張するのだけど、結構楽しいんだよね。
いつか、またライブやってみたいなぁ。るんるん
posted by 太鼓屋 at 07:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

連休初日は…

ゴールデンウィーク連休初日。

オヤジ殿がおいらの生活ぶりを視察に来た。(笑)
ここに移転してからの来訪は初めてだ。

東京に住んでいた時のひどい暮らしぶり(大量のものが散乱する部屋で万年床 ^^;)を知っているだけに、かなり心配してきたと思うが、あの頃よりはズッと綺麗になっているので、まぁ一安心だったと思う。勿論、常に、こんなに綺麗な状態が保たれている訳ではないが………。ふらふら

部屋でゴロゴロしていても仕方ないので、親父殿のリクエストで「しゃくなげ」を観に修善寺の「虹の郷」に出掛けた。
流石に連休中なので、行き帰りの道路はプチ渋滞。車(セダン)
「虹の郷」の駐車場も、5つある駐車場がもう少しで一杯になるくらいの大盛況だった。

「虹の郷」はそこそこ広い敷地に、日本庭園、イギリス村、カナダ村、フェアリーガーデン、匠の村…等が有る、こじんまりしたテーマパークだ。
庭園には、一年中四季折々、なにがしかの花が咲き乱れ、目の保養になる。かわいい

IMG_0887.JPG

本来、今の時期は「しゃくなげ」「藤」「つつじ」等がシーズンらしい。
ところが、「しゃくなげ」は色々な種類が花を付けていたのに対して、「藤」は立派な「藤棚」があるにも関わらず一つも花を付けていなかった。
後でホームページを眺めてみると、今年は裏年と言って例年の半分以下の花数でしか観られない様で、しかも時期的にはGW後半から十日間くらいになる様だ。

実は「しゃくなげ」がどういう花なのか、おいらは全く知らなかった。爆弾
おいら位の年代になると、花の種類や開花時期等について、よく知っている人は皆無だろうな。
ピンク、赤、白…等、ひとくちに「しゃくなげ」といっても種類は様々の様で、こちらの庭園では森になっているので、密集した花が色鮮やかで綺麗だった。

IMG_0892.JPG

IMG_0891.JPG

この日は晴れて暑いくらいだったので、木陰で風を感じると非常に気持ち良い。

年配の方は日本庭園、子供連れは様々なテーマ展示、食事処レストランやお土産店もテーマエリアごとに色々有るので、老若男女、それぞれの楽しみ方が出来ると思う。
園内には、アンティークな鉄道電車やバスバスも走っており、小さな子供は喜ぶかもしれない。

ただ、今回はほんの少ししか観て回らなかったので¥1,200の入場料はちょっと高いかなぁ。

修善寺「虹の郷」
posted by 太鼓屋 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。