2005年04月27日

最近聴いた CD 「SHOW ME THE WAY / Chad Borja」

フィリピンの皆さん、ごめんなさい。 ここで声を大にしてお詫びしたい。もうやだ〜(悲しい顔)

おいらは何故か東南アジアの国々に余り良い印象を持っていなかった。
何か理由が有るのか? 単なる偏見というか思い込みである。
フィリピンと聞いて何を連想するか? バナナ? フィリピンパブ?
酔っ払いのスケベ親父がいる暗いお店で、カタコトの奇妙な日本語で話し掛けるお姉ちゃん。爆弾

ある日、ちょくちょく覗かせて頂いているCrusin' Music」さんのサイトで Chad Borjaの紹介記事を読んだ。
「エアプレイや、J・グレイドン・プロデュース作品のジョージ・ベンソン、エル・デバージの様な80年代のサウンドをフィリピンで見つけた」
だが、その時点では、この Chadさんに対しても、フィリピンの歌手? 何それ…?ふらふら

だが、しかし………である。
その紹介ページに有った試聴ファイルを聴いて、思わず目を剥いてしまった。むかっ(怒り)
正しく、おいらが学生時代に聴きまくっていた AORの系譜を辿る正統派のシンガーとそのアルバムが、そこにあった。音楽
しかも、その内の何曲かはタガログ語(?)で歌われているにも関わらず、違和感無く、スムースに心に染みてくる。

よくよく紹介記事や購入した方のインプレッションを読んでみた。
このアルバムをプロデュースしたのは驚いたことに YUTAKAという日本人だった。
しかも、アメリカに渡ってフュージョン系の音楽をプレイし、あちらの有名ミュージシャンのレコーディングにも多数参加している方らしい。

ハッキリ言って、このアルバムも捨て曲無しの一押しである。CDHighly Recommendexclamation×2
中でもお気に入りは 10「With You」 9「If You Walked Away」 8「Someone」。目

これは生涯の愛聴盤になり得ると、おいらは勝手に思っている。手(チョキ)

「Cruisin' Music」さんの Chad Borja紹介ページ
是非、一人でも沢山の方に、購入者のインプレッションを読んで、曲を試聴音楽して欲しい。わーい(嬉しい顔)
posted by 太鼓屋 at 00:16| Comment(14) | TrackBack(1) | 最近聴いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。