2005年04月11日

最近の駐車場

今回のOAZO地下の駐車場もそうだし、確か羽田空港の駐車場も同じ仕組みで、未だに謎が解けない事がある。
最近の駐車場は、出庫ゲートの混雑を解消する為、駐車場への戻り口付近での事前精算機による精算を取り入れている。
事前に精算し、それから十分程度の間に出庫すれば、出庫ゲートはすんなり通過できる仕組みである。
しかも、出庫ゲートでは何と精算した駐車チケットを精算機に通さなくてもゲートが開く。exclamation&question
駐車チケットは通常の紙製で、磁気ストライプの入った従来の物と変わらない様に見える。

契約駐車場等の場合、メンバーズカード等を無線方式のチップ内蔵にすれば、そういう事も可能かと思うのだが、紙製のチケットなのに、何故差し込む必要も無く開くのだろう?
当然のことながら、精算後十分等の規定時間を経過すれば、追加料金を出庫ゲートで精算するはずなのに…。

誰か、この仕組みをおいらにも分る様に説明してください。サーチ(調べる)
posted by 太鼓屋 at 01:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OAZO & OAZOリベンジビル

IMG_0881.JPG

少し前に東京は丸の内に出来たOAZOに行ってきた。
東京駅と地下で繋がっているショッピングモール(って言うのかなぁ?)。
書籍や文具で有名な丸善が数フロア、その他のショップやレストランも入っている。
また高層階は丸の内パークホテルだ。

IMG_0882.JPG

丸善でブラブラして、お昼ご飯を食べて帰ろうと思った訳だけど、日曜だというのに、その日はホテル以外は全館休館だった。爆弾
その時は「何で休日休みなんだよ…休むんなら平日にしろ〜ちっ(怒った顔)」と思ったが、振り返って考えると丸の内という場所は平日に人が集まるのかもしれない。
仕方ないので、その日は東京駅の高架下に有るBECK'Sで寂しくサンドイッチを食べた。もうやだ〜(悲しい顔)


今回、そのOAZOにリベンジしてきた。
地下駐車場に車をおき、レストランフロアの一つである6Fの「おかずや 平句凡帳」というお店でランチメニューの「おまんま定食」を食べた。
IMG_0884.JPG
3種類の焼き魚から選んだのは甘鯛の一夜干し、炊き込みご飯を選択。
写真は余り美味しそうに見えないが、実際は美味しかった。
味噌汁は、春キャベツと筍が入って、大きめの椀にたっぷり。
但し、約¥1300という価格は場所柄なのだろうか?
パフォーマンスには大いに疑問ありだ。レストラン

その後、丸善をウロウロ。
書籍フロアよりも文具のフロアがお洒落で面白かった。
posted by 太鼓屋 at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | にわかグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。