2008年04月08日

あぁ、またしても数ヶ月ぶり…

何だかんだで、色々あって、またしても数ヶ月ぶりのブログ書き込み。
もう、いい加減やめた方が良いかもしれないけど、それでもまぁ気がついた時に書き込んでみるのも良いかと思うので、このまま残しておこうと思う。

今日は、久しぶりの出張で、新幹線新幹線で東京まで。
何しろ凄い風と雨雨で、在来線は運転を見合わせたりしている中での出張だった。
まぁ、出張自体は可もなく不可もなく…。爆弾

しかし、品川で山手線に乗り換えようとしたら凄い人だかりで、列についても3本くらいは乗り込めずに見送るしかなかったのには驚いた。
東京を離れて、もう4年になるので、こういうラッシュというか混雑は疲れます。たらーっ(汗)
 
続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

田舎の運転マナー

自分の運転マナーについては、正直、他人からどう見えるのか分らないし、模範的だと胸を張れる様な自信も無い。たらーっ(汗)

しかし、地元のドライバーのマナーについては、色々考えさせられる。
 
続きを読む
posted by 太鼓屋 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

最近観た映画 「魍魎の匣」

少し前(昨年末)に地元に出来たシネコンを偵察がてら、映画「魍魎の匣」を観てきた。
以前に書いた「姑獲鳥の夏」に続く、京極夏彦原作の京極堂シリーズの映画化第2作目になる。

魍魎の匣_01.jpg

戦後間もない東京では、美少女連続殺人事件が世間を騒がせていた。
そんな中、引退した元有名女優・陽子の娘 加菜子が姿を消し、探偵・榎木津は捜索を依頼される。
一方、作家・関口と記者・鳥口&敦子は、不幸をハコに封じ込めるという怪しい教団を調べていた。
捜索中の加菜子は列車事故に遭い、瀕死の状態で発見されたが、何故か民間の医療施設ではなく、美馬坂近代医学研究所という巨大なハコ型の建造物に運び込まれる。
全く別々に進行していた各々の事件を追う者が、複雑に絡み合うハコの謎に導かれ、次第に集まってくる。
ハコに隠された謎とは一体…!?
 
続きを読む
posted by 太鼓屋 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

正月の実家は…

2日に帰省し、4日まで実家で過ごしたが、正直することが無い。ふらふら

長男とは言え、実家を出た身であり、既に自分の家では無い。爆弾
大学で県外に出て、石川県→東京都→静岡県(東部)と住まいを変え、以来、実家近辺に住んだことは無いので、今では実家近辺で連絡を取り合っている友人もいない。(単にずぼらなだけという話もあるが…)

P1031032.jpg

暇つぶしを兼ねて、車で近場をドライブしてみた。
 
続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

高速でヒヤッ

実家に帰省する為、高速道路を走行した。
ちょうと夕暮れ時で日が沈もうとしていた頃だった。

元々、車間距離をやたらと大きく取る方ではないのだけど、後続車が迫ってくると、小心者なのかどうしても車間を詰めてしまう。
渋滞ではなく、そこそこ車も流れて油断していたかもしれない。
 
続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

最近の元旦は…

年賀状の出し忘れ(…と言っても、2日しか違わないのだけど…)を出しに郵便局まで行ってきたのだけど、最近の元旦はお店とかも普通にやっているところが多いし、走っている車もいつもと変らないみたい。
他県No.が目立つ様な気はするけど、それも気のせいかな。

スーパーとか普通に営業してくれているのは、独り者には大変有り難い。
お弁当とかお惣菜も普段と変わらないものが並んでた。

小さい頃、母に「元旦にお金を使っていけない。お年玉で何か買うのなら2日以降にしなさい。」と言われたことを思い出すけど、これって我が家だけのルールだったのかな?
元旦は、掃除・洗濯も駄目だった様な…。
posted by 太鼓屋 at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。

 鼠

何だかんだと、昨年も途中挫折してしまい、コメント投稿は実に10ヶ月ぶりくらいになってしまいました。
やっぱり根気が続きません。
(昔はこんなじゃなかったんだけどなぁ…と良くあるオヤジのぼやき)

今年は少しだけでも変れる様に今から念じておきます。爆弾
(「頑張る」と言うのは、やめておきます)
posted by 太鼓屋 at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

最近聴いたCD 「Best of SOULHEAD」

「SOULHEAD」 どれだけの人がこのアーティストを知っているのだろうか?

Best of SOULHEAD.gif

学生時代なんかと違い、現在ではヒットチャートや音楽情報誌など目にすることも無いので、音楽シーンの状況やヒットしている曲やアーティスト、人気の有る無し等も全く知らない。
おいらも、彼女たちの事を知ったのは割合最近だった。
続きを読む
posted by 太鼓屋 at 23:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 最近聴いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

最近観た映画 「墨攻」

まさか、この作品が映画になるとは思ってもみなかった。どんっ(衝撃)

中国・韓国・日本の監督・俳優・スタッフによる合作だが、原作は紛れもない日本発なのである。
おいらが知っている原作は漫画(劇画?)で、世間的にもその方が良く知られているのだと思うが、元々は小説だったらしい。

墨攻.jpg


戦国時代の中国で兼愛・反戦を説いた墨子が起こした墨家という集団。
墨子の思想を広く布教する教団という集まりでありながら、食糧の生産や土木・治水、兵器や戦闘に至るまでの様々な技術を備えた技術者集団であり、様々な人々の要請に応え、報酬を求めることなく、援助・協力を行う。
戦乱の世、国と国とが相争う、様々な権力との結びつきの中で、その墨家も腐敗・堕落の道に進み始めていた。
大国同士の戦の狭間に置かれ、圧倒的な兵力に責めたてられる小国から防衛の支援要請を受けた墨家は、あろうことかそれを断ろうとする。
腐敗した墨家の中に有りながら、始祖墨子の教えに忠実で戦闘技術に突出した才を持つ墨者 革離は、墨家の意向を無視、協力を得られないまま、単身、小国の防衛に向かった…。
続きを読む
posted by 太鼓屋 at 01:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

最近観た映画 「それでも僕はやってない」

映画館で観る場合、どちらかというと邦画よりも洋画を選んでしまうのが常なのだけど、この映画カチンコは何となく観たいと思った作品の一つだった。

事前にテレビの特番での紹介や周防監督のインタビューなどを観ていたせいも有るだろう。
日本の裁判制度の現実をかなり忠実に描いているという話だった。

それでも僕はやってない.gif

ストーリーそのものは既に色々なメディアで紹介されているので、ここでは詳しく触れないが、通勤ラッシュの時間帯の電車で痴漢の疑いを掛けられて逮捕された青年の裁判を巡る物語だ。
続きを読む
posted by 太鼓屋 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。